とりあえず場所取り

充電中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

金沢検定 初級過去問 2006年

金沢検定 ポスター

金沢検定 過去問題 初級 2006年の問題 傾向と対策
出題範囲 郷土史文学方言神社仏閣郷土料理・伝統工芸などから
100問 四肢択一 80点以上で合格

( ´∀`)金沢検定は難しいのう
( ´∀`)初級だけでも十二分にマニアじゃ
( ´∀`)中級に受かれば超級マニアじゃ!
( ´∀`)上級合格者は雲の上のマニアじゃ!!

まずは出題レベルを把握 全部で100問!(゚∀゚ ♪

前田利家は槍の又左衛門

前田利家越前府中で3万3千石の大名になった

末森城佐々成政前田利家は戦った

加賀の前田家3代目の前田利常前田利家と側室チヨとの間にできた子

上野七日市藩(群馬県)の藩祖は前田利家の5男の前田利孝

高岡瑞龍寺前田利長の菩提寺

前田綱紀室鳩巣なる儒学者を召し抱えた

前田綱紀が収集した古文書を尊経閣文庫という

加賀藩の武学校は経武館

前田慶寧の4女・慰は有栖川宮家に嫁いだ

前田利長の正室で織田信長の娘の永姫は、出家後に玉泉院と名乗った

前田家の正室の子は犬千代と名乗るのが慣例
前田利常の幼名は猿千代

前田家を継いだ
宗辰(むねとき)前田重煕(しげひろ)重靖(しげやす)重教(しげのり)治脩(はるなが)
の父親は6代藩主の前田吉徳である

金沢は奈良時代には越前国の一部であった

金沢城は本願寺の居城だった頃は金沢御堂と呼ばれていた

本願寺の一向一揆を打ち破り金沢城主となったのは佐久間盛政

日本三大用水のひとつ辰巳用水は防火目的で作られた
日本三大用水とは箱根用水玉川上水、辰巳用水

加賀騒動大槻伝蔵は越中五箇山に流された

新井白石は「加賀は天下の書府である」と評した

兼六園管理事務所は津田家の屋敷だった

尾山神社神門を設計したのは津田吉之助

金沢美術工芸大学の敷地は金沢刑務所として使われていた

学問の神様菅原道真を祀る金沢神社には金城霊澤がある

長坂町にある曹洞宗の大乗寺寒中托鉢で知られる

東山の観音院では四万六千日が行われる

日蓮宗の真成寺では鬼子母神を祀っている

徳田秋声泉鏡花の墓は東京にあるが、室生犀星の墓は金沢の野田山にある

藩政時代の尾山神社の敷地は金谷御殿といって藩主の隠居所だった

兼六園日本三名園のひとつで国の特別名勝に指定されている

大手町には画家としても知られる寺島蔵人の屋敷跡(市指定文化財)がある

石川県庁前に堂形のシイノキがある

谷口吉郎が設計したのものに、徳田秋声文学碑、玉川図書館、金沢歌劇座などがある
近代文学館を設計したのは山口半六と久留正道

大樋焼は楽焼による軟陶で飴釉が特徴である

あぶらとり紙は、本来、箔打紙として使われていた

鯛の唐蒸しという九谷焼の大皿に盛る婚礼料理がある

( ´∀`)鱈の子付けは美味しいから、是非とも食べてみまっし

( ´∀`)刺身は昆布〆(こぶじめ)にして一晩寝かして食すのじゃ

正月には辻占のおやつを食べて中のおみくじを読むのじゃ

五色生菓子には2代将軍・徳川秀忠の息女・珠姫前田利常に輿入れして以来の歴史がある

砂糖を木型に流し込んで作るカラフルな金花糖

夏バテ対策に泥鰌の蒲焼を食べてみまっし

は出世魚で、コゾクラ⇒フクラギ⇒ガンド⇒ブリと名を変える

金沢には旗源平という正月遊びがある

金沢の七五三行事では、子供が碁盤の上から飛び降りる

お盆にはキリコと呼ばれる行灯を備える

町屋建築の窓の木格子をキムスコという

長町武家屋敷では土塀を雪から守る為に「こも掛け」を行う

金石の地名の由来:宮腰大野の融和を願い、金石の交わりという故事に因んでつけた

出羽町の町名の由来:篠原出羽守の屋敷があった

石引の地名の由来:金沢城築城の際に戸室山から石を運んだ道

寺町台から犀川大橋に続く坂道は蛤坂・妙慶寺坂という

天神町から宝円寺に続く坂道は馬坂という

北島三郎の演歌、「加賀の女」に「君と出会った香林坊の・・」という歌詞がある

泉鏡花の「照葉狂言」の舞台は尾張町である

徳田秋声の「挿話」の舞台は金沢である

室生犀星の「幼年時代」の舞台は金沢である

馬場小学校の「文学の故郷碑」の碑文は川端康成の書である

島田清次郎の「地上」の舞台は西茶屋街、主役は大河平一郎である

吉田健一は「金沢」というタイトルの小説を書いた

井上靖の小説「北の海」の主役は旧制四校の柔道部員である

五木寛之の「朱鷺の墓」では東茶屋街の芸妓とロシア人青年将校の恋愛が描かれる

唯川恵は「肩ごしの恋人」で直木賞を受賞した

桐野夏生は「グロテスク」で泉鏡花文学賞を受賞した

五木寛之は「ステッセルのピアノ」という小説を書いた
日露戦争後にステッセル将軍から乃木将軍に贈られたピアノが金沢学院大学にある

加賀藩御用の二俣雁皮紙

歴代の宮崎寒雉茶の湯釜を製作している
兼六園には理化学校、工業学校、異人館などがあった

第一回の学生角力大会は金石海岸で開かれた 相撲大会

玉川図書館の敷地は、タバコの専売公社だった (゚∀゚

金沢21世紀美術館の愛称は、まるびぃ

横安江町の金沢表参道に商店街がある

金沢市は「スポーツ拠点づくり推進事業」でウエイトリフティングの聖地として選定されている

内惣構堀の建築を指揮したのが高山右近、外惣構堀は篠原一孝

蘭学医の黒川良安は卯辰山に養生所を設立し、金沢の近代医学の祖と呼ばれている

石川県令の内田政風は県庁を金沢から美川へ移した

北陸の鉱山王とは横山隆興

新竪町に生まれた思想家・ジャーナリストは三宅雪嶺

永井柳太郎の生家跡には善隣館が建設された

加賀の三羽烏」のひとりの「高光大船の子息は日本芸術院会員の洋画家となった
加賀の三羽烏とは暁烏敏、藤原鉄乗、高光大船

八田與一は台湾南部で灌漑事業をして「嘉南大圳の父」と呼ばれている

加賀の三太郎」とは藤岡作太郎、西田幾多郎、鈴木大拙

北大路魯山人は金沢の細野燕台の家に食客として迎えられた

中西悟堂は日本野鳥の会を設立した

東京から金沢に疎開したことのある曽野綾子は「黎明」を書いた

金沢の観光ボランティアガイドの愛称は「まいどさん

金沢弁で「気の毒な」とは、ありがとうの意味

金沢弁で「カゼネツ」とは口内炎や口角炎のこと

鉛筆の先が尖った状態を「ケンケン」と形容する

「たいそい」、「てきない」、「ものい」、「ひどい」とは病気でつらいこと

満州事変から日中戦争のころに加賀内閣が組閣された
林銑十郎内閣と阿倍信行内閣である

百万石まつりは、元は尾山神社の封国祭であった

百万石まつりは、前田利家の金沢入城(6月14日)を祝うお祭りである

戦前は市祭として奉祝行事が行われてきた

( ´∀`)はて?百万石まつりの日程はいつじゃろう・・・コロコロ変わるのじゃ

百万石パレードは金沢駅鼓門から出発

ひゃくまんごくパレードは金沢城に入城する

四高記念文化交流館石川近代文学)は第四高等中学校本館として建てられた

四高記念文化交流館の赤レンガの建物は国の重要文化財である

四高記念文化交流館は県立郷土資料館としても使われたことがある

以上、全部で100問 詳細はキーワードをグーグルで検索してください

テーマ:勉強日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/10/20(月) 20:23:28|
  2. 金沢検定

(゚∀゚)おねがい(゚∀゚)

blogram fc2ランキング
ブログ村 人気ランキング

(゚∀゚)姉妹サイト

(゚∀゚)写真ブログ
(゚∀゚)美味いもの食って満腹
(゚∀゚)加賀屋又左衛門

リンクさま

このブログをリンクに追加する
(゚∀゚)当ブログはリンクフリーでござる
(゚∀゚)写真や動画のお持ち帰りもご自由にどうぞ
(゚∀゚)姉妹ブログもご覧くだされ(゚∀゚)

(´∀`)いざ!出陣じゃ!

Powered by SEO Stats
ページランクチェッカー
ランキングチェッカー

(゚∀゚)クルック解析

QLOOKアクセス解析

戦国大名 前田利家

前田利家

Author:前田利家
天下騒乱、戦国の世に
幾多あまたのいくさ場を
縦横無尽に駆け巡る
槍を持っては獅子奮迅
天下無双と伝え聞く
又左衛門とは・・・
わしのことじゃぁ~~~~
なんでもかんでも算盤はじいて
計算高いとの評もあるが、
利を重んじる以上に
義を以って行動するのが
わしの信念じゃぁ!

あれこれリンクじゃ

北國 中日 読売 朝日 毎日 日経 産経 ラジオ
天気予報 金沢検定 中級 (゚∀゚) 前田利家放送局

カウンター

∩(゚∀゚)∩あげ!
いつの間にやら十万件!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。